髪の毛が抜ける原因 抜け毛を減らしたい なぜ髪が抜ける

30代からの抜け毛、脱毛にグランドスラム!!

 

髪の毛が抜ける原因

 

髪の毛が抜けることの理由というのはいろいろあるとは言っても、
加齢によるものを除くと、メインには、やはり寝ることの不足や食の暮らし
などの生活習慣、フラストレーション(ストレス)、うまくいってない、うまくいかない、
外的要因としては、過度なダイエット、脱毛、薄毛などが原因としてあげられてきます。

 

 

中でも、ストレスは、髪の毛が抜ける原因だけでなく健康にも影響してくる
部分ですね。特に注意が必要な部分になってくると思います。

 

いずれも普通の生活、ヘアサイクルを乱す要因となるものですね。
そのうえAGA(Androgenetic Alopecia)といわれる男性型脱毛症や、
女性特有の「牽引性脱毛症、(抜けでは男性だけではありません)
(髪をアップさせる、ひっぱって縛る、三つ編みなど、長時間にわたり
髪を引っ張り継続していくことで髪の毛が抜けることが多くなる症状)」
「分娩後脱毛症」などがあるのです。
男性だけでなく、女性も、30代からは気を付けなければいけない
年頃だということに気が付くと思います。
早期発見が一番大切であり、育毛剤、トニックにも効果があると言われています。

 

 

フラストレーション(大きなストレス)

 

無茶苦茶なフラストレーションは多種多様な疾患の要因になりますが、髪の毛に対しても悪インパクトを及ぼします。
たとえば就職行い中の学生が、それまで受けたことのないフラストレーションによって、瞬間的に円形脱毛症になってしまうことがあってしまうといいます。
書類を書く面倒がかかることや面接がうまくいかないなどといったことで落ち込み、それによって髪の毛が抜けることがプラスされてしまいいくことでまた新たな悩みを抱えてしまう⇒⇒まさに悪サイクルですね。

 

 

 

けれどもこういったケースでも悩みの種が克服されてしまえば(このときは就職が決まるなど)、髪の毛が抜けることのテーマもやがては克服していきます。
それでは、どのようなわけで過度なフラストレーションを受けると髪の毛が抜けることが増えるのでしょうか。
一言でいえば、フラストレーションが増すと体が緊張し、その成り行きスカルプの血管が収縮するから、ということになるのです。
スカルプの血管は髪の毛の栄養源なので、スカルプの血の流れ不良になれば当たり前のことのことながら髪の毛に栄養が行き渡らなくなってしまうのです。

 

 

 

その成り行き、フラストレーションを受けさえしなければ抜けなかったはずの髪の毛が抜け落ちていくことになるわけです。
先述した学生が就職が決まった後に髪の毛が抜けることが減るのは、スタンダードにフラストレーションがなくなったことでスカルプの血の流れが復活したからにほわりとません。

 

 

 

このご時世でフラストレーションをゼロにすることはやっかいなこととは言っても仮にフラストレーションを受けても自らなりの克服法を知っておけば、それがロングスパンで見て髪の毛が抜けること防止につながります。
体を動かすことや趣味に没頭するなど、ご自らに合ったフラストレーション克服法を知っておきたいものです。

 

 

不規則な生活

 

髪の毛が抜けることの要因として多数のが寝ること不足といわれています。
夜型の暮らし習慣はホルモン均衡を崩すこととなり、ひいてはヘアサイクルも狂わせてしまうおそれがあるのです。
というのも、髪の毛には多く生成される時間帯がそれなり決まっており、それが夜間にあたるからです。

 

 

 

髪の毛は毛母細胞の働きによって形成されますが、この毛母細胞がこのうえないエネルギッシュにされるのが午後10時?午前2時の間といわれています。
この時間帯は成長ホルモンがこのうえない分泌される時間帯と一致しているのです。
それは成長ホルモンの働きが毛母細胞をエネルギッシュにさせているためです。
このことは、夜更かしなどの悪い暮らし習慣を継続していくと、成長ホルモンの分泌量が少なくなっていく事して毛母細胞のエネルギッシュにも妨げられてしまうことを示しているのです。

 

 

 

つまりこの時間帯に寝ることを取らないと、健康な髪の毛の生成が予想できないということになるわけです。
そうでなくても、時間のないちかごろの人間がいつものように午後10時?午前2時の4時間をまるまる寝ることにあてることは現実的ではないこともまたリアルにでしょう。
髪の毛生成のコアタイムともいうべき時間帯に寝ることをとっていることが望ましいことは確かとは言ってももしそれが難しいときでも質の高い寝ることをとることができれば、髪の毛がさほどダメージを負うことはないのです。
それでは質の高い寝ることとはどういうことでしょうか。
一言で言えば、熟睡するするとういうわけなのです。
熟睡することは、浅い眠りを長時間継続していくよりもはるかに質が高いことが分かっています。
浅い眠りでは成長ホルモンがあまり分泌されませんが、熟睡していればその間に脳下垂体から成長ホルモンの分泌がパワーアップされるのです。

 

 

食生活の偏りなど

 

偏った暮らし習慣は髪の毛が抜けることや髪の毛が薄いことの要因となるのですが、とりわけ食の暮らしの偏りはテーマです。
髪に欠かせない栄養素となる血液も、当たり前の話ですが食の暮らしによって質が左右されますので、やはり均衡のよい食事をし体のコンディションを整えることがキーポイントになってくるのです。
ちかごろは食事の欧米化とともに肉類やファーストフードを多く取り込む傾向にあり、野菜不足になりがちであることが指摘されます。
こういった偏った食事は、カロリーやアニマル性脂肪を無茶苦茶に取り込んでしまい、血の流れの停滞(いわゆるドロドロ血)を招きがち。
血の流れの悪化しては毛根へ栄養が行き渡らないことにつながり、成り行きとして髪の毛が抜けることを増大させるのです。

 

 

 

では、わかりやすくどういった食の暮らしをすればよいのでしょうか。
当たり前のようとは言ってもズバリ「均衡のよい食事」を注意することることです。
髪の毛に欠かせない栄養素は、メインにタンパク質、ミネラル、ビタミンなどとは言っても実はこれを食べておけば大丈夫というものはなく、健全な体にはやはりしっかりとした栄養ブレンドが欠かせないこととういうわけなのですね。

 

 

 

そうでなくても、一口に均衡のとれた食事といっても、いつものように何をどれだけ食べればいいのか悩む人も多数のが現実。
というわけで考慮なるのが農林水産省と厚生労働省が決定した「食事均衡ガイド」です。
これには非の打ちどころのない食事のとり方や、どのフードをどれだけ取り込むかのおおよその量が示されており、食事のスタンダードを知ることができてしまうのです。
食べるミックスや自らの適量に悩んだら、この「食事均衡ガイド」を効果的に利用してみることをおすすめします。

 

 

運動不足、汗をかかない

 

トレーニング不足は一見、髪の毛へのインパクトはちょっとしかないと思われがちとは言ってもやはり因果かかわりはあるのです
スタンダード的に体によくないことが髪の毛にもよいわけはないので、トレーニング不足も髪の毛が抜けること増大のリスクをアップするといえるわけです。
髪の毛はスカルプの毛細血管から栄養を得ていますが、トレーニング不足になれば血の流れも停滞し、成り行きとして髪の毛によくないインパクトを与えることになるのです。

 

 

 

いっぽう、ほどよいトレーニングは血の流れをパワーアップさせ、これもまた髪の毛が抜けることの因子になるとされるフラストレーションの発散にもつながり、まさに一石二鳥といえるのです。

 

 

 

従って、血の流れ健全化のためにトレーニングが欠かせないことということになるわけとは言ってもトレーニングといってもさほどハードなことをする必要はないのです。
ボディの、ひいてはスカルプの血の流れを健全化するためのトレーニングは、いつもの暮らしの中にちょっとした負荷を与えるくらいで十分なのです。
たとえば、いつもはバスに乗るところを次の停留所まで歩いてみる、あるいはエレベータで昇るところをあえて階段を利用してみるとか、クリーニング洗濯炊事の合間に誰にでもできるようなストレッチをするといった軽いジェスチャーでも十分な効き目が予想できるのです。
むしろトレーニングに慣れていない人がいきなりハードなトレーニングをしようとすると、ボディにリスクがかかり、疲れやフラストレーションにつながる恐れがあるため、はじめは軽いトレーニングを注意することるといったイメージでちょうどよいのです。

 

 

 

要するにちょっとした負荷をかけるというのがポイントで、無茶なく継続していくためにも、あまりリスクと感じないくらいのトレーニングを、いつものようにコツコツと継続することがキーポイントだといえるでしょう。

 

 

喫煙、スモーカー

 

髪の毛が抜けることを防止するには血の流れを悪くするような暮らし習慣は改めるべきなのとは言ってもなかでもタバコの害は特筆すべきものがあってしまうといっていいでしょう。
よく知られているように、タバコに含有されているニコチンには血管を収縮させる働きがあり、ですのでにスカルプの毛細血管の血の流れも悪くなります。
血管が収縮されると、当たり前のこと血の流れが悪化して血の流れが少なくなっていく事。
その成り行き、髪の毛を作っている毛細胞に欠かせない栄養分が供給されにくくなるわけです。

 

 

 

やがて毛根からは細くて弱々しい髪の毛しか生えてこなくなり、生えても手っ取り早く抜け落ちてしまうという悪サイクルに陥ってしまうのです。
そのうえタバコを吸うすると身体の中のビタミンCが大量に消費されることも脱毛要因のひとつといわれます。
美容・健全な体のために欠かせないこととされるビタミンCは体の中に蓄えておける量がおよそ1500mgとされているのとは言ってもタバコ1本吸うごとに身体の中のビタミンCは約25mgも消費します。

 

 

 

ビタミンCはコラーゲンを生成するのに欠かせない栄養素であり、ビタミンCが不足すると、スカルプが固くなって しまうのです。
スカルプが固くなると血の流れが悪くなるのはいわずもがな。
成り行きとして、毛根の働きが鈍くなり、抜けやすい髪しか生えてこなくなてしまうのです 。

 

 

 

ちなみに飲酒のときはどうなのでしょうかか。
実はタバコとは異なり、飲酒そのものが悪いということはなく、むしろ適量を飲用すれば血の流れパワーアップになるため、スカルプや髪の毛にもよいインパクトをもたらします。
けれどもアルコールの大量摂取は身体の中の水分が少なくなることから血液の停滞をもたらし、やはり髪の毛にダメージを与えます。

 

 

帽子、かぶりものをしている

 

UVが肌に悪いインパクトを及ぼすことはよく知られていますが、スカルプにも当たり前のことダメージをもたらします。
スカルプも肌の一部なので、UVを浴びると顔や腕と同じように日焼けが発生するのです。
肌を焼いてするとスカルプはドライし、炎症になったりして毛根にダメージを与え、それがノーマルなヘアサイクルに狂いを生じさせます。
斯くして、そうしたスカルプからは丈夫な髪の毛が作られなくなり、まだ成長し切る前に抜け落ちてしまうのです。
こうした事態を避けるために、帽子でプロテクトするという方法はとても効き目をアップするよう。

 

 

 

いわばスカルプのUVケアとは言ってもとりわけサマーシーズンなどは熱中症対策にも役立ちますので、アクティブに帽子を着用したいものです。
こうした効用がある一方で、帽子を被ることによって髪の毛が抜けることが増えたというケースも少なからずあるのです。
帽子を被ることで内部が蒸れて汗をかき、通気性の悪い環境下でバイキンが繁殖しやすくなる ことに起因します。
バイキンが繁殖したものが汚れとなって毛穴に詰まると、やはり毛根の働きを阻害します。

 

 

 

そのうえとりわけ頭部にぴったりとフィットする帽子は、頭部が
締め付けられて血の流れ不良を引き起こすことがあるのです
帽子はスカルプや髪の毛をUVから守る一方で、上記のようなマイナスがあることを覚えておくことをおすすめします。
ただ帽子を被っていても、こまめに帽子を脱いで拭き取ったり、入念な髪の毛を洗うことなどしてケアしていれば、帽子によるトラブルは十分防ぐことができるのです。
プラスになる利点・ウイークポイントをよくマスターした上で、帽子をうまく利用していきたいものです。